息を呑みました。





最新活動情報

スージー鈴木・著書&編集作品

→New!


「水道橋博士のメルマ旬報」連載中

BS12「ザ・カセットテープ・ミュージック」出演中

東洋経済オンライン「月間エンタメ大賞」連載中

80年代音楽サイト「Re:minder」連載中



20180708/沢田研二「OLD GUYS ROCK」は「NEW WAYS ROCK」だった。

7月6日、沢田研二の武道館コンサート「OLD GUYS ROCK」は歴史に残るものだったと思う。あまり声高に報じられていないので、そういうことを私が書いておく。

武道館に着いて驚いたのは、舞台がのっぺりと広々としていることだ。何もない黒く広い舞台。そもそもドラムスが無い、キーボードも無い。ギター関連の機材がちょこっとあるだけ。

その種明かしはすぐに分かる。何と今回のツアーは、沢田研二と盟友のギタリスト=柴山和彦の、たった2人だけでまわるのである。

2人ということはアコースティック・セットかと思いきや、柴山和彦は、ほとんどの曲をエレクトリック・ギターで伴奏するのだ。それも強くディストーションのかかった、言わば「エレクトリック・ディストーション・セット」。

世界初ではないか。

タイガース再結成のときも、相当な冒険と思った。かなり久しぶりに人前で演奏するメンバーもいるのに、サポートメンバーが一切いなかったことが。しかし今回のツアーは、それを上回る冒険だと思う。

ギター一本ということは、リズムとコードとメロディを、たった一本で感じさせるよう、弾き方を根本から変えなければならなかったはずだ。そういう計算づくの演奏を、柴山和彦は見事にこなしていた。

沢田研二のボーカルも、ほとんど丸腰のような状態で、逃げ場がないのだから大変だ。初日ということもあって、少々ミスもあったような気がするが、それでも2時間弱、安定的に歌いこなしたのは凄いと思う。2時間弱と、少々短かったが、このストレスのかかる設定で3時間は無理だろう。前提が異なる。

沢田研二は、なぜ、こんな奇妙な形態のコンサートツアーを考えたのだろう。数秒考えて、おそらく正解にたどり着く――「ただ、やりたかったんや」。

思えば、10年前の、東京ドームで80曲歌う「ジュリー祭り」もとんでもなかった。その後もメッセージソングだけを歌うコンサートや、山ほどあるヒット曲をワンコーラスで歌い継ぐコンサートなど、絶えず何かをしでかしている。

今回も単にその延長なのだ。逆に、最近の沢田研二のコンサートで、新しい試みが何も無いことはあったか? 沢田研二と書いて「チャレンジ」と読む。「OLD GUYS ROCK」は「NEW WAYS ROCK」だった――。

セットリストは公開されているが、あえてここでは書かない。印象に残ったのを1曲だけ書いておけば、「エレクトリック・ディストーション・セット」の中で、敢えてアコースティック・セットとして演奏された、タイガース《風は知らない》に、ちょっと泣いた。

あとは宣伝。



||リンク用URL||


バックナンバー

||過去18年間の全ネタ目次||

||9904-9906|| ||9907-9909|| ||9910-9912|| ||0001-0003|| ||0004-0006|| ||0007-0009|| ||0010-0012|| ||0101-0103|| ||0104-0106|| ||0107-0109|| ||0110-0112|| ||0201-0203|| ||0204-0206|| ||0207-0209|| ||0210-0212|| ||0301-0303|| ||0304-0306|| ||0307-0309|| ||0310-0312|| ||0401-0403|| ||0404-0406|| ||0407-0409|| ||0410-0412|| ||0501-0503|| ||0504-0506|| ||0507-0509|| ||0510-0512|| ||0601-0603|| ||0604-0606|| ||0607-0609|| ||0610-0612|| ||0701-0703|| ||0704-0706|| ||0707-0709|| ||0710-0712|| ||0801-0803|| ||0804-0806|| ||0807-0809|| ||0810-0812|| ||0901-0903|| ||0904-0906|| ||0907-0909|| ||0910-0912|| ||1001-1003|| ||1004-1006|| ||1007-1009|| ||1010-1012|| ||1101-1103|| ||1104-1106|| ||1107-1109|| ||1110-1112|| ||1201-1203|| ||1204-1206|| ||1207-1209|| ||1210-1212|| ||1301-1303|| ||1304-1306|| ||1307-1309|| ||1310-1312|| ||1401-1403|| ||1404-1406|| ||1407-1409|| ||1410-1412|| ||1501-1503|| ||1504-1506|| ||1507-1509|| ||1510-1512|| ||1601-1603|| ||1604-1606|| ||1607-1609|| ||1610-1612|| ||1701-1703|| ||1704-1706|| ||1707-1709|| ||1710-1712|| ||1801-1803|| ||1804-1806||

サイト内検索


スージー鈴木のラジオデイズ


「ギター超カンタン奏法」の動画解説特設ページ


suziegroove@nifty.com

Copyright © 1999-2018 Suzie Suzuki & Attackammo office