いよいよ年の瀬。





スージー鈴木・著書&編集作品

→New!

「ギター超カンタン奏法」の動画解説特設ページ


「水道橋博士のメルマ旬報」連載中


80年代音楽サイト「Re:minder」連載中


BS12「ザ・カセットテープ・ミュージック」出演中


スージー鈴木のラジオデイズ


バックナンバー

||過去18年間の全ネタ目次||

||9904-9906|| ||9907-9909|| ||9910-9912|| ||0001-0003|| ||0004-0006|| ||0007-0009|| ||0010-0012|| ||0101-0103|| ||0104-0106|| ||0107-0109|| ||0110-0112|| ||0201-0203|| ||0204-0206|| ||0207-0209|| ||0210-0212|| ||0301-0303|| ||0304-0306|| ||0307-0309|| ||0310-0312|| ||0401-0403|| ||0404-0406|| ||0407-0409|| ||0410-0412|| ||0501-0503|| ||0504-0506|| ||0507-0509|| ||0510-0512|| ||0601-0603|| ||0604-0606|| ||0607-0609|| ||0610-0612|| ||0701-0703|| ||0704-0706|| ||0707-0709|| ||0710-0712|| ||0801-0803|| ||0804-0806|| ||0807-0809|| ||0810-0812|| ||0901-0903|| ||0904-0906|| ||0907-0909|| ||0910-0912|| ||1001-1003|| ||1004-1006|| ||1007-1009|| ||1010-1012|| ||1101-1103|| ||1104-1106|| ||1107-1109|| ||1110-1112|| ||1201-1203|| ||1204-1206|| ||1207-1209|| ||1210-1212|| ||1301-1303|| ||1304-1306|| ||1307-1309|| ||1310-1312|| ||1401-1403|| ||1404-1406|| ||1407-1409|| ||1410-1412|| ||1501-1503|| ||1504-1506|| ||1507-1509|| ||1510-1512|| ||1601-1603|| ||1604-1606|| ||1607-1609|| ||1610-1612|| ||1701-1703|| ||1704-1706|| ||1707-1709||

サイト内検索



20171210/発表!『俺映画2017』『俺ドラマ2017』

俺映画:『ラ・ラ・ランド』

20170319/宮本慎也と『ラ・ラ・ランド』(または、エンタテインメントとしての批評論)

準俺映画:『We Love Television?』

俺ドラマ:NHK『ひよっこ』

20170416/朝ドラ『ひよっこ』は昭和30年代の闇を描けるか。

20170716/「ひよっこ」の宗男も桑田佳祐も新庄剛志もパ・リーグも、ビートルズだ。

【東洋経済オンライン】朝ドラ「ひよっこ」をヒットに導いた3大理由~SNSと朝ドラ、意外な親和性がそこにある

準俺ドラマ:TBS『カルテット』



||リンク用URL||


20171203/水道橋博士『藝人春秋2』から広がるナイアガラの星座。

水道橋博士『藝人春秋2』上下巻が、爆発的に面白い。

今や、博士が編集長の「水道橋博士のメルマ旬報」で書かせてもらっているので、博士の著作を賞賛する文章は、少しばかり書きにくいのだが。面白いものは面白いのだからしょうがない。この分厚い2冊を、たった2日間で読み切った。

20140410/同業者の若者に勧めたい本~水道橋博士『藝人春秋』

前作『藝人春秋』については、まだ「メルマ旬報」に参加する前ではあったが、上のリンクで書いたように激賞させていただき、感動のあまり、身の回りの若い人たちに、自腹で配布までしたものだ。そして今回の2冊。

2冊の「背骨」となるのは、下巻の「橋下徹と黒幕」の項、それも177ページに極まるのだが、その対極ともいえる、サブカル系の人物をネタにした小品もまた読ませる。上巻の第6章、大滝詠一とマキタスポーツの章が、特に気に入った。

今回は、その第6章の直後にある、上巻のエピローグ「はっぴいえんど」を読んで奮えたという話を書く。ここで博士が紹介しているツイートの「実物」は、この2つだ。

その2つのツイートから言えることは、博士もマキタスポーツ氏も、ごくごく早い時期に大滝詠一に注目されたということと、博士も言うように「大滝詠一(のアンテナ)が凄い」ということである。

そして、これも正直「自慢」なのだが、私も、生・大滝詠一と会い、一言言われているのである。今からちょうど20年前=1997年の春のことだった。

・そのときに書いた「潜入記」
・そのときの音源

私が言われた一言は、私がサインを求めたときの、この言葉だ――「スージーくんとは、これから一緒に仕事をするかもしれないから、サインはしません」

結局、それから再びお会いする機会はなく、そのまま大滝詠一は、永遠の「2013年ナイアガラの旅」に出てしまったのだが。

それから博士のお誘いで「メルマ旬報」に参加させていただき、その流れでマキタスポーツ氏とも出会い、そして、マキタ氏とテレビ番組BS12 『ザ・カセットテープ・ミュージック』に出演し、そして、その番組テーマ曲が、大滝詠一《君は天然色》なのである。

大滝詠一と一緒に仕事をすることは叶わなかったが、出会いから20回の春と秋を越えて、いま自分がナイアガラの星座に導かれ、突き動かされている気がする。博士やマキタ氏ほどではないが、私も地味に星を継いでいく。



||リンク用URL||


20171126/安室奈美恵の音楽人生に感じる複雑な思い。

NHK『安室奈美恵 告白』を見た。感想はこんな感じ。

直接は書いていないが、あの番組を見て、まず痛感したことは、「安室奈美恵が、歌手としていちばん脂の乗った時期に、小室哲哉一色になっていなければ……」ということである。

安室奈美恵が歌った小室哲哉プロデュースのシングルたち。

・Body Feels EXIT
・Chase the Chance
・Don't wanna cry
・You're my sunshine
・SWEET 19 BLUES
・a walk in the park
・CAN YOU CELEBRATE?
・CAN YOU CELEBRATE? -MAXI-
・How to be a Girl
・Dreaming I was dreaming
・I HAVE NEVER SEEN
・RESPECT the POWER OF LOVE
・toi et moi
・SOMETHING 'BOUT THE KISS
・LOVE 2000
・NEVER END
・PLEASE SMILE AGAIN
・think of me/no more tears

爆発的にヒットした。したけれども、この「スタンダードとして継がれていない感じ」はどうだろう。

これは小室哲哉を非難しているのではない。むしろ音楽評論家の中で私は、小室哲哉を買っているほうだと思う。

作曲家としての彼の特徴は「技巧的」ということに尽きる。最高傑作だと思う渡辺美里《My Revolution》における強引な転調、trf《EZ DO DANCE》の、たった2音だけで出来た驚くべきサビ、篠原涼子《恋しさとせつなさと心強さと》の歌い出しの機械的な上昇音階、逆にH Jungle with t《WOW WAR TONIGHT》の、五音音階で出来たやたらとシンプルなメロディ、などなど

小室哲哉と言えば、往々にしてビジネス論や時代論で語られ、こういうことで彼を語る評論家は少ないのが残念なのだが。

で、「技巧的」ということは、逆に言えば、飽きられるのも早いということで、スタンダードが生まれにくいということになりがちだ。

怒涛の埋蔵量を持った「恐るべき10代」だった歌手・安室奈美恵を、小室哲哉の極端な枠にハメてしまったことの「功罪」。ビジネス的に大成功したから「功」は十二分。しかしその反面、歌手・安室奈美恵としての多様な発展を、ぱたっと閉ざしてしまったという「罪」があったのではないか。

私は、ちょうど今日、51歳になったような年寄りなので(でも小林信彦の著作にあるように「人生は五十一から」)、歌手・安室奈美恵が、もっと早くデビューしていたら、どうなっていただろうと考えるのだ。

そして《SWEET 19 BLUES》(歌詞)ではなく、同じく19歳の揺れる気持ちを歌いながら、スタンダードとしての品格を持ったこういう曲を、あの爆発的な歌唱力で歌っていたのではないかと夢想し、勝手にワクワクするのだ。

思秋期(作詞:阿久悠 作曲:三木たかし)

足音もなく 行き過ぎた
季節を ひとり見送って
はらはら涙あふれる 私十八

無口だけれど あたたかい
心を持った あのひとの
別れの言葉抱きしめ やがて十九に

心ゆれる 秋になって 涙もろい私
青春はこわれもの 愛しても傷つき
青春は忘れもの 過ぎてから気がつく



||リンク用URL||


20171123/テレビ東京『ユニバーサル広告社』の魅力を考える。

今クールのドラマでは、テレビ東京の『ユニバーサル広告社』が圧倒的にいい。宮藤官九郎(クドカン)脚本の『監獄のお姫さま』を上回っているのだから、個人的には、相当な水準となっている。

岡田惠和脚本、沢村一樹、和久井映見、三宅裕司、やついいちろうが出演。これ、まんま朝ドラ『ひよっこ』の流れ。そのせいか、俳優たちのチームワークも良さそうだ。

ただし、このドラマの魅力を説明するのは難しい。特筆すべき新しいアイデアや仕組みが効いているわけではないように感じるからだ。

――杉山利史(沢村一樹)は元“売れっ子広告マン”。自信過剰で大手代理店を飛び出すも、職に就けず、弱小代理店「ユニバーサル広告社」社長・石井健一郎(三宅裕司)に拾われる。会社は移転を繰り返し、遂に港町の寂れた商店街へ。移転した当日、ある取引先から無理難題が舞い込む。杉山たちはそのピンチを乗り切れるのか…!?商店街を舞台に人々の絆と笑顔を取り戻すために、ユニバーサル広告社が奮闘する!

「港町の寂れた商店街」の人たちと、弱小代理店「ユニバーサル広告社」の社員とのふれあいが脚本の焦点となるのだが、そういう脚本にも、既視感があると言えばあるのだし。

ただ1つ、その魅力を語る言葉があるとすれば「同局の深夜枠のドラマが、そのまま前倒しで、金曜20時にスライドしてきた感じがする」というものだ。

最近では『孤独のグルメ』『東京センチメンタル』など。ゆったり淡々とした、独特な時間感覚のドラマ。あの感じ。

逆に『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』など、いかにも「ポスト・クドカン」という感じの、とんちの効いた深夜枠ドラマもあったわけだが、そちらではなく、クドカンとは全く別の流れとなりそうな、のんびり・のほほんとした、温度と密度の低い「引き算のドラマ」。

テレビ東京はこの枠に「金曜8時のドラマ」という副題を付けている。これは、この枠をドラマ枠として定着させていきたいという考えの表れだろう。

だとしたら、テレビ東京らしい、枠の個性が必要だと思う。私としては、他の民放で流されているような、俳優と台詞と伏線を過剰に詰め込んだ騒々しいドラマではなく、一週間のストレスを鎮めるような、オアシスのようなドラマが続いていくことを期待したい。

それにしても、『ひよっこ』に比べて、和久井映見がだんぜんキュートに映っている。なせだろう。



||リンク用URL||


20171112/映画『We Love Television?』から萩本欽一の寂寥感の正体を憶測する。

映画『We Love Television?』を見た。

併せて、こちらのサイトも読んでみる。

「一生懸命やってはいるだろうけど、汗かくほどじゃない。だから言葉だけになっちゃったんだよね。言葉だけのお笑い。我々が修行したのは言葉言わないで動けっていう。なるべく言葉を言わない」
出典:萩本欽一語るテレビ論に「深い」と考えさせられる視聴者続出(女性自身)

ここで、80年代後半以降、約30年にわたって、萩本欽一にまとわりつき、また、土屋敏男が、露骨なかたちでフィルムに収めた、あの寂寥感の正体を推測するのだ。

それは、「圧倒的な体技が出来なくなったことへの苛立ち」ではないか。

好きなフレーズだから、何度も何度も引用する。

(全盛期のコント55号について)「だって、いきなりカメラのフレームの外からダーッと走ってきて、パっと飛び蹴りして、そのままダーッといなくなったり(中略)、ああ、画面の向こうではすごいことが起きてる。世の中は大変なことが起きているって思いましたよ」
出典:高田文夫著『笑うふたり』(中公文庫)

残念ながら、私はリアルタイムで見ていないが、それほどまでに全盛期=60年代後半の萩本欽一はすごかったのだろう。そして、年齢とともに、そんな「体技」が見せられなくなってからも、心の中では、「あの頃のように走りたい・飛びたい・蹴りたい」と思っていたのではないか。

思えば、前回書いたとんねるずの、特に木梨憲武の「体技」も素晴らしかった。抜群の運動神経が、ブラウン管の中で映えていた。また私は、ウッチャン(内村光良)のバック転を、1986年頃の新宿コメディシアターで見ているし、90年代後半あたりの、岡村隆史のキレッキレのダンスも忘れることが出来ない。

話をしたいのは、「体技」でのし上がった人が「体技」を失ったときに発散する寂寥感・孤独感のことである。

実は「体技」は、漫才ブーム以降のお笑い界では傍流である。主流は明らかに「言葉だけのお笑い」だ。テキスト=文字だから、台本にも書けるし、再現性が高い。また「体技」よりはプレーヤーを選ばない。ただ、聴覚だけに頼るためか、飽きるのが早いと思う。

逆に「体技」は、視覚までも釘付けにすることで、「言葉の笑い」にはない強烈なインパクトを持つ。常習性さえ生まれるだろう。しかし、再現性が低く(体調によってクオリティが上下する)、また、運動神経の点でプレーヤーを厳密に選ぶ。

そういう背景の中、「体技」の笑いが衰退していったのではないか。でもその分、「体技」の笑いに対する強烈な郷愁が、お笑いファンの心を侵食していく。

映画を『We Love Television?』をきっかけに、萩本欽一、木梨憲武、岡村隆史に感じる寂寥感を推測してみた次第である。なぜか内村光良にはそれを感じないが、心の中では分からない。



||リンク用URL||


20171104/とんねるずの『みなおか』終了に思うこと。

この記事タイトルを見て、強烈な感慨にふけったのである。感慨の源は、「みなおか」という表記である。その感慨を構成した要素を分解すると、この3点になる。

(1)「とんねるずのみなさんのおかげでした」は、私の知らないどこかで「みなおか」と略されていたんだ。

(2)そのように略しだしたのは、おそらく、とんねるず本人も含む、番組スタッフたちだろう。

(3)さらに憶測すれば、あの番組を未だに見ていた人は、一時期とんねるずが、好んでメディアに乗せていた、そういう内輪の「業界略語」に、違和感を感じない人たちだったのだろう。

ワタシは、その「みなおか」、ひいては、とんねるず自体に関心を失っているので、今回の番組終了について、感慨など何もない。むしろ「まだやっていたのか」と驚く程度である。

ただし、上記「とんねるず的業界ムーブメント」に近いパンチラインを出されると、たまらないものがあるのだ。なぜならば、ワタシ自身が、そのムーブメントに関わりたくって、加わりたくって、しょうがなかった時期があるから。

もちろんそれは80年代後半。業界(ギョーカイ)のヒエラルキーを、底辺から叩き潰し、叩き潰した残骸のてっぺんに上り詰めた、素人の2人組。

ワタシ含む、何十万人という若者(しかし現在もう40~50代)が、「とんねるずのように、自分たちも出来るんじゃないか」と思った、というか、勘違いをした――「熟練なんかくそくらえ、ノリと勢いだけで、業界に忍び込むことができるんだ」。

結果、何十万人の多くは惨敗した。残骸のてっぺんに、ぴょんと飛び乗るのにも、強靭な足腰と、強烈な瞬発力が必要だった。とんねるずにはそれがあった。ワタシたちにはそれが無かった。

30年近い時が流れ、視聴者として、とんねるずに接することとなる。ここからは個人的な見方も入るが、残骸の上に、新たな城を建てたダウンタウンや爆笑問題に対して、とんねるずは、残骸にしがみついているように見えた。

そして、あの頃、あれほど夢中になって見ていたとんねるずに、徐々に興味を失っていった。

その30年の間に、年を取りながら気づいたのは、やっぱり「熟練」こそが大切なんだ、いや「熟練」しか無いんだということ。

だから今日も、書いた原稿を丁寧に校正し、たまの電波へ出演には、最大限の知識を事前に用意する。ノリと勢いだけの中年なんて、門前払いなのだからと。

そして、今思うのだ――「みなおかって、何?」



||リンク用URL||


20171029/クライマックスシリーズの発展化を具体論で考えよう。

さて、日本シリーズ真っ盛りだが、毎年この時期になると、クライマックスシリーズ(以下CS)不要論が騒がしくなる。特に今季は、3位のベイスターズが、首位から14.5ゲーム差を付けながら、シリーズに進出したので、例年よりも騒がしい気がする。

先に個人的意見を述べておけば、ワタシはCS賛成派である。その理由は以下。簡単に言えば、消化試合を激減させるビジネス効果を重視した賛成意見。例の「球界再編問題」の悪夢を思うと、こういうアイデアが必要だという認識に立つ。

20131020/それでも、クライマックスシリーズに賛成する。
20150906/それでもやっぱり、クライマックスシリーズに賛成する理由。

ただし、現在のCSのシステムも、100点満点ではないとも思う。減点の理由は、多くの方が言うとおり、ペナントレース144試合の結果をもっと尊重するべきだというもの。それも、その通りだと思う。

で、もうそんな論議は聞き飽きたので、現在のCSシステムにどのようなルールを追加するべきなのかを、具体的に考えてみたいと思う。

つまり、ペナントレース144試合の結果をどれくらい尊重すれば=首位チームにどれだけのアドバンテージを与えたら、どのくらい試合数が減るのか=ビジネスチャンスをロスするのか、の実際的な比較検討である。

まずは鈴木私案。現行のCSシステムを前提としつつ、以下のルールを加える。

(1)以下の場合は、CS進出権を剥奪する。
1-1:ペナントレースで、首位から20ゲーム以上の差がついた場合。
1-2:ペナントレースで、負け越した場合。

(2)ファイナルステージについて、進出チームとのゲーム差で、首位チームにアドバンテージを付ける。
2-1:前提として、首位チームに1勝。
2-2:10ゲーム以上(20ゲーム以下)=首位チームに更に1勝(計2勝)。

このルールで行けば、2007年からのCSにおいて、まずルール1-1によって進出権を失うのが、
・2009年セ3位のスワローズ(22.0ゲーム差)
・2011年パ3位ライオンズ(20.5)
・2012年セ3位のスワローズ(20.0)

次にルール1-2で進出権を失うのが、
・2009年セ3位のスワローズ(借金1)
・2013年セ3位のカープ(借金3)
・2015年セ3位のタイガース(借金1)
・2016年セ3位のベイスターズ(借金3)

以上より、上ルール(1)を導入すれば、以下のCS1stステージが無くなったことになる。
・2009年セ
・2011年パ
・2012年セ
・2013年セ
・2015年セ
・2016年セ

思ったよりも多い気がするが(特にセ)、11年間で6回と半分程度なので、許容範囲のような気もする。逆に、「CS進出のために勝ち越そう」「CS進出のために20ゲーム差内に入ろう」という、新しいモチベーションによって、更に消化試合が減っていくという副次効果もある。

次にルール2の検証。ルール(2)の2-2の追加によって、新たに発生するアドバンテージは以下。
・2008年セ ジャイアンツに+1勝(対ドラゴンズ)
・2009年セ ジャイアンツに+1勝(対ドラゴンズ)*
・2011年パ ホークスに+1勝(対ファイターズ)*
・2012年セ ジャイアンツに+1勝(対ドラゴンズ)*
・2013年セ ジャイアンツに+1勝(対タイガース)*
・2015年パ ホークスに+1勝(対マリーンズ)
・2016年セ カープに+1勝(対ジャイアンツ)*
・2017年セ カープに+1勝(対ベイスターズ)
・2017年パ ホークスに+1勝(対イーグルス)

*上ルール(1)でCS1stステージが消滅する年なので、シーズン2位チームと比較している。

こちらも思ったより、アドバンテージが発生することになる。逆に言えば、首位チーム、特にジャイアンツとホークスが、現行システムで、かなり割を食っていたということなのだが。ただし、こちらも、アドバンテージを付けられた相手チームの切迫感(=1敗したら王手)が、CSをさらに面白くする可能性がある。

検討するべき視点は、上のような、CS1stステージの消失とファイナルステージのアドバンテージ強化によって発生する、「ペナントレース144試合の結果の尊重度」と「試合数が減ることによるビジネスロス」との比較である。

ワタシ的には、これくらいがちょうど良いと思ったのだが、どうだろう。また試合数の減少は、今回問題になった、CSの日程問題の緩和にもつながる。

いずれにせよ、CS論議は、もうそろそろ、具体的なルール案を戦わせることで、現実的に考えていきたい。そういうフェーズに来ていると思うのだ。



||リンク用URL||


20171022/『漫画 君たちはどう生きるか』に見る「図書館リベラリズム」。

『漫画 君たちはどう生きるか』(マガジンハウス)を読んだ。ヒットしているという。8月発売で10万部を超えたというのだから、このご時世、大ヒットである。

この本は懐かしい。私も高校時代に、教師に進められて読んだ記憶がある。発売されたのが1937年というから、まさに戦中である。やたらと博覧強記な叔父さんから、主人公の「コペル君」が、生き方を学んでいくというストーリー。

叔父さんがコペル君に伝えていくのは、経済原理であったり、歴史観であったり、貧困問題であったりと、なかなかにリベラルな視点からのメッセージである。当時最新鋭の思想であったマルクス主義の臭いも、底辺に流れている。戦中に、こういう書きっぷりが許されたのかと、変なところで驚く。

漫画化してポップな手触りにしているとは言え、こういう教養的でスクエアな本がなぜ今、売れるのだろう。

まずは、池上彰などの推奨者の力。そして次に、現在の、ビジネス書やヘイト本で占められた書籍市場へのカウンターとして、こういう本に注目が集まるという構造がありそうだ(毛色は異なるが、例の『うんこドリル』-270万部!-も同様の構造が背景にあろう)。

とりわけ、空港にある書店などを見ているとげんなりとする。金を稼ぐことと外国を嫌うことを書いた本ばかりで占められているからだ。そういう中に、こういう本が、毅然と並べられているさまには、何か救われるものがある。

その結果として、私のように大昔にこの本を読んだ大人たちから、子供たちに対する「プレゼント需要」を喚起しているとも思われる。その流れからは、同様に「課題図書需要」「学校図書館需要」などに広がっていくはずである。

ここで個人的な経験を書いておく。私は、大阪府立清水谷高校の図書館で見つけた、渋谷陽一『ロックミュージック進化論』(NHK)を読んで、人生が変わった口である。これはヤバいと思った。そして、少なくとも、こういう本、ここで書かれている内容に無縁な人生は、歩んではいけないと思った。

学校図書館で出会った本に、生き方をぶるぶると揺さぶられる経験――「図書館リベラリズム」。

何が言いたいかというと、「学校の図書館で触れて、生き方を揺さぶる本」が青春時代には必要で、『漫画 君たちはどう生きるか』の売れ方を見る限り、そういう本への需要は、書籍市場へのカウンターとして、今後見直されていくのではないかということである。

金を稼ぐ本や外国を嫌う本があってもいいけれど、少なくとも青春時代において本とは、「金を稼がない生き方、外国を好きになる生き方もアリなんだぞ」と、生き方を揺さぶるものであってほしいと思う。

【参考】20161120/出版不況に求められるのは、人を「不良(わる)く」させる本だ。



||リンク用URL||


20171015/植木等になりたいボーイと沢田研二になりたいオヤジ。

NHK『植木等とのぼせもん』がいよいよ良い。植木等と、その付き人になった「のぼせもん」=小松政夫の物語。あの映画風に言えば、小松政夫はさしずめ「植木等になりたいボーイ」となる。

ストーリーは、小松政夫の著書を読んでいたので、大体は予想通りなのだが、とにもかくにも、植木等を演じる山本耕史の言葉や動きが、それはもう植木そっくりで恐れ入った(ご丁寧に、歌も吹き替えではなく山本自身が歌っている)。加えて、谷啓役の浜野謙太も秀逸。

そういえば、テレビ朝日系で新しく始まった帯ドラマ『トットちゃん』でも、黒柳徹子の父親のバイオリニスト役を、山本耕史が好演している。バイオリンを持った立ち姿がいい。声帯・形態模写が得意な人のだろう。それ即ち、名優ということだ。


話は変わって、沢田研二のコンサートに行ってきた。感想は、こんな感じ。

植木等と沢田研二。この渡辺プロダクション出身の2人の巨人に通底するのは、「円熟の拒否」という哲学ではないか。

沢田研二が、一切大物ぶらず、相も変わらずロックンロールを歌い、板(舞台)の上に張り付いて、来年古稀を迎えようとしていることに加え、植木等の晩年と言えば、何といっても、1990年の紅白歌合戦の、この感動的なパフォーマンスである(当時64歳)。

円熟を拒否するということ――そういうスタンス、そういう生き方に、芸能というものの本質があるような気までしてくる。逆に言えば、ちょっと売れただけでふんぞり返る「小物」が、周りにいかに多いことだろう。

円熟を拒否するジジイになりたい。つまり私は「沢田研二になりたいオヤジ」である。

また話は変わって、最近ありがたいことに、色んなところで、原稿を書く機会をいただいている。ただし「沢田研二になりたいオヤジ」としては、まず〆切を守ることだと思っている。

〆切破りを自慢するなど、「円熟」ではなく「未熟」だ。そういうライターが多いから、ライターという職業が低く見積もられるのだと思う。以下、最近のメディア露出です。ぜひご覧ください。

「切れ味鋭いコピーライター、NOKKOは作詞家としてもっと評価されるべき」
「日本のロックの未来を担う、桑田佳祐のジェラシー【ゲスト スージー鈴木】」
「朝ドラ『ひよっこ』をヒットに導いた3大理由」
「オコエ瑠偉(楽天)の言葉とビートたけしの言葉。」



||リンク用URL||


20171008/「純正律動」「平均律動」試論~ビートとシャッフルの最適調合比率を考える。

苫米地英人『音楽と洗脳 美しき和音の正体』(徳間書店)という本を、興味深く読んだ。

面白かったのは、(「純正律」に対して和音の響きが濁る)「平均律」を主体とした音楽教育と、コンパクトディスク(CD)における超高周波カットを批判するところ(逆にコード進行の話や機能音源は退屈だった)。

「純正律」の話は説明するのは難しい。そこで、私が提唱する「純正律」(と「平均律」との差異)の簡易的な実感方法を書いておきたい。

(1)ピアノかギターで「ド」と「ソ」を一緒に鳴らす(ドとソのあいだの音の「幅」は「純正律」でも「平均律」でも余り変わらない)

(2)その音に合わせて「ミ」の音を、ハモるように(=「純正律」で)歌う。

(3)その「ミ」の音と、ピアノかギターで弾いた「ミ」の音の違い(楽器の「ミ」の方が明らかに高い)が、「純正律」と「平均律」との差異。

さて、この本を読んで思ったのは、「リズムにも純正律と平均律があるんじゃないか」ということだ。日本語で「リズム」は「律動」と書くので、言わば「純正律動」「平均律動」としての試論である。

まずはこちらをお読み下さい。
「20150502/スウィングとビートのせめぎ合い~ロックのリズムの生成過程に関する仮説」

ここで書いているのは、エイトビート(ビート)とシャッフル(スウィング)の間に、人間が最も気持ちいいと思うリズム感があるのではないかということ。

その気持ちいいリズムを「純正律動」とするならば、数学的・機械的に演奏されるエイトビートやシャッフルという「平均律動」は、気持ちよくないということになる。

思い起こせば、少年の頃に聴いたこの音源に、なぜあんなに興奮したのか。それは、リッチー・ブラックモアのギターより、ジョン・ロードのオルガンより、何といってもイアン・ペイスのドラムスが、「ビート:スウィング=8:2」くらいの、見事な調合になっていたからじゃないかと思い当たる。

そんな、ビートとスウィングの見事な調合で叩けるドラマーは、実はそんなにいないと思う。洋楽であれば、イアン・ペイス>ジョン・ボーナム、リンゴ・スター>チャーリー・ワッツ、ということになるが、日本では、例えばこの3人のドラマーが優れていると思う。

個人的嗜好で言えば、ドラマーは激しいソロなんかより、エイトビートとシャッフルの黄金比率を叩き続けられるかどうか。日本人で言えば、シーナ&ザ・ロケッツの川嶋一秀、ハイロウズの大島賢治、古くは近田春夫&ハルヲフォンの恒田義見などが好みにピッタリ。

シーナ&ザ・ロケッツの川嶋一秀で言えば、やはりこの《レモンティー》のイントロのドラムス。

あと、ハイロウズの大島賢治で言えば《ハイロウズのテーマ》のイントロ、古くは近田春夫&ハルヲフォンの恒田義見は、名作アルバム『電撃的東京』に入っている《きりきり舞い》が素晴らしい。

最後に、かまやつひろしの、実に興味深い発言を。かまやつひろし『ムッシュ!』(文春文庫)において、当時、ロックンロールのスタンダード=《ジョニー・B・グッド》の演奏に目覚めるシーン。

「ロックンロールはシャッフル(八分音符を跳ねさせるリズム)だったのだ。それを、ほとんどのバンドは、(四分音符*だけの)エイト・ビートで叩いていた。それでは単調なスリー・コードだからもたないし、気持ち的にだんだん遅くなって白けてしまうのである。そこで、ギターだけエイト・ビートで、ドラムはシャッフル・ビートでたたいてみた。すると『おお、前に行くぞ!』ということになった」
(*鈴木註:「八分音符」の誤記と思われる)



||リンク用URL||



suziegroove@nifty.com

Copyright © 1999-2017 Suzie Suzuki & Attackammo office