冬 -winter-

Hysteric Blue 「春 -spring-」(作詞・曲:たくや)より

けぶる木漏れ日 浴びふと気付く
冬風の奥 思い出す
揺れる笑顔 あとわずかな時間
近くにいたかった それでも

あぁ 同じ視点で見ている世界が
あぁ 二人ビミョウにズレてた
遠く 見つめ ポツリ 「じゃあね」
今は 同じ おひさまの下 目を覚ます

こういう夢なら もう一度逢いたい
冬が来るたび あなたに逢える
そういう気持ちで チクリと心が痛む

通りを見渡せば ふと気付く
花の色から思い出す
同じ夢を夢見てたあなた
誘って連れ出した それから

あぁ 長い時間をかけても それでも
あぁ 世間が愛想つかせても
授業よりも 食事よりも もっと大切なコト

「私――"漫才"が好き!――」

こういう夢なら もう一度逢いたい
冬が来るたび 大きくなれる
そういう気持ちを 忘れずにいたら
強く生きられるような気がして

雪が降って 寒さが来て 今年もあの季節が来る
あぁ M-1が来る!

こういう夢なら もう一度逢いたい
別れの季節も 好きになれる
いっぱい話した 思い出がひらり
いつでも よみがえらせれる

こういう夢だしもう一度懸けたい いつか



スージー鈴木による「M-1リアルタイムTwitter審査」
http://twitter.com/suziegroove
12月26日12時〜敗者復活から決勝戦まで全組リアルタイムで批評・採点。
M-1「評論」ハッシュタグ「#m1hihyouron」発動。
M-1を「評論」「批評」したい方、交流しましょう。

スージー鈴木